足裏アーチの作り方 横アーチ

誰でもできる足裏アーチの作り方トレーニング法

足裏のアーチ作り方、トレーニングは自宅で自分でできます。

 

足裏アーチの作り方、トレーニング法は、外反母趾の名医 古屋先生に聞け!

 

多くの外反母趾の患者さんを救ってきた実績あり。足の機能を知り尽くしたスペシャリスト。

 

外反母趾の人はほぼ全員「開張足(かいちょうそく)」であり、その原因はアーチの崩れ。

 

根本的に治すためには、インソールでもなく、テーピングでもなく、生活習慣である

 

歩き方を見直すことで、横アーチは誰でも作り直すことが可能です。

 

DVDを見ながら、名医のトレーニング法を実践してみませんか?

 

 

誰でもできる足裏アーチの作り方トレーニング法

 

 

 

 

 

 

ほとんどの人は、足裏アーチの回復は歩き方を変える必要があります。

 

病院に行くよりも、テーピングを一生懸命するよりも、

 

根本的な治療を考えることをお勧めします。

 

 

 

 

さらに、

 

 

足裏アーチが崩れるとヒール足・開張足・外反母趾と発展します。

 

 

足裏のアーチは主に3つ

 

 

 

1つ目は「内側縦のアーチ」、2つ目は「外側縦のアーチ」、3つ目は「横アーチ」です。

 

開張足とは、3つ目の「横アーチ」が崩れてしまった状態の事を言います。

 

外反母趾の人の足には、この横アーチがなく、平らになっています。

 

 

 

足のアーチ構造は、足底腱膜のほか

 

足のいろいろな筋肉によって支えられています。

 

ふくらはぎの筋肉なども足のアーチを支えるのに役立っていますが、

 

それらの足のアーチを支える筋肉が弱まると足底腱膜への負担が増し炎症を起こします。

 

 

 

足裏のアーチが崩れるということは・・

 

アーチ筋の筋力がなく退化してしまい、骨同士を寄せ付ける事ができなくなり、体重に潰されて徐々に足が平べったくなり、

 

靴がキツクなってきます。(自分の体重に足が押されれば、横に広がるしかない)

 

すると、親指や小指の骨が靴に当たり、しだいに骨が曲がっていき外反母趾になり、激痛が走ります。

 

 

 

テーピングを今現在行ってる人へ

 

テーピングははっきりいって面倒ですが、

 

施した後、歩きやすくなる、足に力が入るようになります。

 

ところが、テーピングというのは、外からの力で強制的にアーチを作ってあげる事を目的としますので、

 

テーピングの治療を施す事は、根本的にアーチ筋を鍛える事にはつながらないのです。

 

 

 

 

とにかく歩き方を変えることが最善です。人間には自然治癒力があります。

 

そして、「歩く」ことは日常、人が絶対に行う行為。

 

その歩く行為を正しい歩き方に変えれば、自ずと足裏のアーチは回復し、鍛え上げることができますよ。

 

 

 

 

古屋先生は、歩き方を変えるスペシャリストです。

 

10年以上、外反母趾の治療に携わり、外反母趾の原因が「歩き方」にあることを突き止め、

 

2000人以上の患者さんを改善へと導いてきた治療法!

 

 

いわば、足の機能を知り尽くした人。

 

足裏アーチの回復で悩むなら、古屋先生の治療法が一番ですよ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読